音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

ここまでメインナビゲーションです。

ここからサブコンテンツです。

ここまでサブコンテンツです。

ここから本文です。

愛は死なず

                              館 長  安藤 薫

 

 

  九州北部豪雨災害により、被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。一日

 も早い復興、そして生活が取り戻せますように。

  先日、全盲の原田さんという方と盲導犬ハーツの話をテレビで見ました。

  2011年3月11日、東日本大震災の時、福島県南相馬市で津波によって車に閉じ

 込められ、濁流に飲まれた車から必死で逃げた原田さんとハーツ。

  ハーツだけでも助けようとする原田さんと、原田さんを助けようと離れないハーツ。

  その時、ハーツの白い頭が目に留まり、通りかかった人に救助されました。そんな苦

 楽を共にしてきたお互いですが、盲導犬は10歳で定年を迎え、次の盲導犬を得るため

 には別れるしかなく、お互いの事を思い別々の道を歩いていく事になったそうです。

  「生きるための別れ」「相手を思いやる別れ」というのに気づかされました。

  図書館で、先月「オープンブレイルライブラリー」のイベントを開催し、たくさんの

 方に足を運んでいただきました。その際、以前いただいていた「山橋衛二さんと盲導犬

 ヴァルデス」のパネルを展示させていただきました。

  山橋さんとヴァルデスは、一昨年の10月、車をバックする際周囲に注意を促す警報

 音を鳴らさなかったトラックに轢かれ、命を落としてしまうと言う悲惨な事故に遭いま

 した。

  警報音の義務化、事故の再発防止を求めて、又、「盲導犬の素晴らしさを知って欲しい」、

 「ユーザー仲間を増やしたい」という山橋さんの遺志を継ぎ、「徳島の盲導犬を育てる会」

 がパネルを作成し、活動されています。

  盲導犬を必要とする視覚障害者にとって、かけがえのないパートナー「盲導犬」、そこ

 にはお互いの深い絆がある事を改めて感じました。

  大好きな歌の一つである、平原綾香さんが歌う「Love Never Dies~

 愛は死なず」の歌詞が頭をよぎります。

 

 

ここまで本文です。

ここからページナビゲーションです。

情報提供施設

ここまでページナビゲーションです。