音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

ここまでメインナビゲーションです。

ここからサブコンテンツです。

ここまでサブコンテンツです。

ここから本文です。

エンジョイポリオの会

 

 エンジョイポリオの会は平成十一年三月に発足しました。名前の通りポリオ罹患者とその家族・関係者で構成されています。会員は北九州市だけではなく沖縄も含めて九州全域、山口県の一部下関等と広い地域に亘っています。ワクチン接種で新たなポリオ患者はほとんどいないため高齢化の一途を辿っています。一番若い人でも五十代後半。いつまで続けられるかと思いながら、無理せずできる範囲で活動しています。活動内容は年三回の会報発行による情報提供、年一回の産業医科大学病院でのポリオ検診会、年一回のお泊り交流会、他私たちを取り巻く身近な課題についての勉強会などです。車椅子や補装具、介護保険や障害者施策等制度・サービスの上手な使い方、住みやすい家等々知っておかないといけないことは多くあります。ポリオは障害が固定してそれ以上悪くならないと本人も周りも考えていたのですが、障害のない人の中で生活してきた人も多く、持ち前のポリオの「頑張り気質」で長年無理を積み重ね、新たに「ポストポリオ」を発症することがわかってきました。加齢も加わり筋力が低下する人が多く、できるだけ無理をせず長く現状維持できるようにというメッセージを一人でも多くの仲間に届けたいと思い活動を続けています。一生うまく付き合っていかないといけない障害です。同じ仲間で情報交換し、気持ちを共有し、専門家の知恵も借りつつ、「エンジョイポリオの会」という名前の通り、会を通して仲間と一緒に活動を楽しみ、より良く自分たちらしく生きていくことを願っています。

ここまで本文です。

ここからページナビゲーションです。

障害者福祉会館

ここまでページナビゲーションです。